投稿日:2023年1月23日

ダクトにはどんな種類があるのかチェック!

こんにちは!福岡県北九州市を拠点として、換気ダクトなどのダクト工事を手掛けております株式会社DUCTです。
弊社の携わるダクト工事で取り扱うダクトには、どういった種類があるのでしょうか。
そこで今回は、ダクトにはどのような種類があるのかについて解説いたします。
ダクト工事をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

SA・RA


まずは、SAとRAについてご紹介いたします。
SAはSupply Airの略であり、室外空調機より屋内へと空気を送り込むためのダクトです。
エアコンにとって必要不可欠の設備でもあります。
RA(Return Air)はSAの反対となっていて、屋内から室外空調機に空気を引き込むダクトです。
SAも含めて、設置されているのは空気の入れ替えを頻繁に行う必要がある場所となっています。
例えば、病院の手術室や化学的な研究室などが該当します。

EA・OA

EA(Exhaust Air)は、排気の役割を担っています。
臭いがこもりやすい場所においては、必須の設備です。
そのため、飲食店などに設置されているケースが多いでしょう。
また、ダクトにはOA(Outdoor Air)という種類もあります。
OAは直接的に室外から屋内に空気を取り込むことを目的として、設置されます。
それだけでなくOAは、虫あるいは埃を取り込まないために細かい網目がついているダクトです。
加えて、外気取り入れダクトには機械排気によって自然に空調機に取り込む自然給気があります。
そして強制給気という、給気ファンにより強制的に外気を取り入れる種類もあります。
使用する目的により、室内を負圧にすることや正圧にすることが可能です。

SEA

SEAはSmoke Exaust Airが正式名称であり、火災が発生した際に煙を屋外へと排出します。
そして延焼を防止するための排煙ダクトです。
通過風速が高速に設定されており、静圧を高圧に変更する必要もあります。
このようなことから板の厚みは厚めにつくられているのです。
また、火災が起きた時に用いられることから、大体は火災警報器や煙拡散防止シャッター、スプリンクラーなどと連動し、作動します。
その他に自家発電装置もついているため、停電になっても作動するのです。

DUCTへご相談ください!


株式会社DUCTでは、換気ダクトなどのダクト工事のご相談を承っております。
弊社ではスタッフ1人ずつが作業内容を理解できるように、適宜ミーティングを行っております。
また弊社は、北九州市に加えて山口県下関市も施工範囲です。
北九州市や下関市などでダクト工事の業者をお探しの方は、ぜひ弊社にご相談ください。
皆様からの多数のご連絡を弊社一同心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社DUCTは福岡県北九州市のダクト工事業者です
株式会社DUCT
〒802-0802 福岡県北九州市小倉南区城野3-1-33
TEL:093-967-6543 
FAX:093-967-6542


関連記事

夏本番を迎える前に、ダクト設備を見直しませんか?

夏本番を迎える前に、ダクト設備を見直しま…

初夏のさわやかな風が心地よい好季節となりましたね。 皆さまはいかがお過ごしでしょうか? さて、今回は …

ダクト加工

ダクト加工

九州全域で活動している株式会社DUCT!業務内容について

九州全域で活動している株式会社DUCT!…

こんなご依頼に対応 株式会社DUCTは、福岡県北九州市を拠点に九州全域で活動している空調設備工事業者 …

お問い合わせ  業務案内