投稿日:2022年12月27日

豆知識!フレキシブルダクトってどんなダクト?

こんにちは!福岡県北九州市を拠点に、北九州市全域、山口県下関市で活動しているダクト工事業者、株式会社DUCTです。
換気ダクト工事や排熱ダクト工事など、ダクトに関係する業務を幅広く取り扱っています。
ダクトには丸ダクトや角ダクトなど豊富な種類があり、それぞれの特徴を生かして、現場ごとに使い分けされているのをご存じでしょうか。
今回はそのうちの1つ、フレキシブルダクトについてご紹介します。

フレキシブルダクトとは


フレキシブルダクトとは、蛇腹状の構造で形成されたダクトのことです。
アルミや鉄といった金属の他にも樹脂などを用いてつくられることがあり、主に換気扇などの連結部に使われます。
形状は円形と四角形のものに分かれ、それぞれ丸ダクトや角ダクトに接続して使用することが可能です。
機械が排気する際の振動や騒音を吸収する他、配管が熱で膨張した際には、それに合わせて伸展するといったメリットを有しています。

主な用途

フレキシブルダクト以外のダクトの場合、曲線部分に沿って設置するためにはエルボと呼ばれる部品が必要です。
しかしフレキシブルダクトは、ダクト本体を曲げて施工できるため、単体で幅広い用途に活用できます。
例えば塗装作業時の換気や、溶接作業中に発生する有毒ガスの排気ダクトとして使用するなど、応用次第で幅広い現場での活躍が見込めます。
ただし、曲げる角度によっては空気の循環が上手く機能せず、十分な効果が発揮できないトラブルが生じるでしょう。
フレキシブルダクトの特性を熟知した職人の手により、適切な施工を行うことが重要です。

スパイラルダクトとの違い

スパイラルダクトとフレキシブルダクトは、その形状と使用方法が大きく異なります。
スパイラルダクトは丸ダクトの1つで、金属の板を螺旋状に加工して円形にすることでつくられます。
螺旋状にすることで軽量でありながら、強度と弾性を増強することができるため、比較的低コストで施工することが可能です。
対してフレキシブルダクトの形状は蛇腹状で、自由に曲げられるというメリットを持っていますが、その特性ゆえに、直線部分にたわみが生じてしまうデメリットも併せ持ちます。
そのため、スパイラルダクトをメインとして施工し、制気口や機器などの接続箇所の付近にフレキシブルダクトを組み合わせることで、それぞれの特性を十分に発揮させられます。

DUCTへご相談ください!


ダクト工事をお考えの方は、株式会社DUCTにお任せください。
弊社はダクト工事のプロとして豊富な施工経験を持っておりますので、現場に合わせた最適な施工が可能です。
皆様からのご相談、ご連絡を心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社DUCTは福岡県北九州市のダクト工事業者です
株式会社DUCT
〒802-0802 福岡県北九州市小倉南区城野3-1-33
TEL:093-967-6543 
FAX:093-967-6542


関連記事

施工のプロがダクトの製造工程を紹介いたします!

施工のプロがダクトの製造工程を紹介いたし…

残暑の厳しいころですが、いかがお過ごしでしょうか。 今回は、福岡県北九州市を拠点に福岡市などで活動す …

ダクト加工

ダクト加工

ダクト工事の実績多数!安心・安全な空間をご提供します

ダクト工事の実績多数!安心・安全な空間を…

弊社は、北九州市をはじめとした九州地区全域や山口県下関市などで活動しているダクト工事業者です。 今回 …

お問い合わせ  業務案内