投稿日:2022年6月10日

空調ダクトでよく使われる亜鉛メッキ鉄板ってどんな素材?

こんにちは! 福岡県北九州市に拠点を置き、換気ダクトなど各種ダクト工事・空調工事を手掛けるダクト工事業者、株式会社DUCTです。
空調ダクトの素材には亜鉛メッキ鉄板が使用されております。
亜鉛メッキ鉄板は一体どのような素材なのか、皆様はご存じですか?
今回は、亜鉛メッキ鉄板にフォーカスをあてていきたいと思います!

亜鉛メッキ鉄板という素材

ヘルメットを持つ作業服の男性
亜鉛メッキ鉄板とは、表面を亜鉛でコーティングした鉄板のことです。
空調ダクトに限らず、ダクトは特殊な環境や指定がなければ基本的に亜鉛メッキ鉄板を素材に製作されます。
鉄板は一見頑丈そうに見えますが、そのままの状態で使用すると簡単に錆や腐食が発生してしまいます。
錆びや腐食は水分や酸素によって引き起こされるため、それらと接触しても問題ないようにするために亜鉛でコーティングする必要があるのです。
コーティングに亜鉛を使用するのにも理由があります。
もしなんらかの傷によって局所的に内部の鉄板が露出したとしても、内部の鉄より先に周囲の亜鉛が水分や酸素に反応するため、長期にわたって内部の鉄板を守れるからなのです。

亜鉛メッキ鉄板の特徴

亜鉛メッキ鉄板の特徴といえば、なんといっても防錆性・耐食性でしょう。
防錆性と耐食性はメッキ層を厚くすればするほど強化されます。
費用対効果も高い素材であるため、ダクトの素材が亜鉛メッキ鉄板であることは納得していただけると存じます。
ただ、前述のように特殊な環境においては、亜鉛メッキ鉄板は不適です。
防錆性・耐食性があらゆる素材の中でも特に秀でているというわけではありません。
周囲に劣化を促進する要因が多い場合や内部を通る気体の温度が極端に高い場合には、ガルバリウム鋼板や塩ビライニング鋼板など異なる素材の検討が必要となってきます。

空調ダクトでお困り事はございませんか

お問い合わせ
空調ダクトに関するお困り事がございましたら、お気軽に弊社にお申し付けください。
創業以来、弊社に信頼をお寄せくださるご依頼主様の期待にお応えするために、自分たちが納得できる仕上がりを追求し続けてまいりました。
多くの現場で培ってきたノウハウを生かし、迅速かつ確実に空調ダクトに関するお悩みを解決いたします。
まずはお気軽にお電話ください。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

株式会社DUCTは福岡県北九州市のダクト工事業者です
株式会社DUCT
〒802-0802 福岡県北九州市小倉南区城野3-1-33
TEL:093-967-6543 
FAX:093-967-6542


関連記事

製作から施工までワンストップのダクト工事をご希望の方へ

製作から施工までワンストップのダクト工事…

九州全域に加え、山口県下関市でも活動している株式会社DUCTです。 今回は、換気ダクトなどの工事をワ …

定期的なメンテナンスでダクト火災を防ぎましょう

定期的なメンテナンスでダクト火災を防ぎま…

福岡県北九州市の空調工事業者『株式会社DUCT』は、福岡市を含む九州地区全域で鋭意活動中です! 飲食 …

あなたはいくつ知っていますか?ダクトの種類

あなたはいくつ知っていますか?ダクトの種…

店舗や工場・公共施設などを快適に利用するための縁の下の力持ちであるダクト。 今回はそのダクトの種類に …

お問い合わせ  業務案内